眠れない・起きれない・寝た気がしない!などの原因は?悩み解決方法も教えます!

眠れない・起きれない・寝た気がしない!などの原因は?悩み解決方法も教えます!

日本人は睡眠の悩みを抱えている方がとても多いと言われていますが、眠れない・寝た気がしない・朝起きれないなどの原因について考えたことはあるでしょうか。
また、何とかして睡眠の質を良くするためにさまざまな方法を試しても、あまり効果を実感できず不満を抱えたままの方も多いはずです。
そこで、睡眠の質を低下させる原因や睡眠不足の改善方法について知りたい方のために、それぞれについて詳しく調べた結果を紹介したいと思います♪

 

睡眠の質を低下させる原因とは?

新日本製薬5

睡眠の質が悪いと、眠れない・寝た気がしない・朝起きられないなどの症状に悩まされてしまう可能性があります。

しかし、これらの原因について真剣に考えたことがある方は意外と少ないのではないでしょうか。
私自信も睡眠の悩みは多少抱えていますので、睡眠の質が低下する原因や改善方法などについて調べた結果を紹介させて頂きます。
睡眠障害の原因は以下の5つが考えられています。

 

  • 1.心理的原因

    何らかのストレスに関連して起こる不眠(家族や友人の死・仕事上の問題など)。

  • 2.身体的原因

    身体の病気や症状が原因で起こる不眠(外傷などの痛みや喘息発作・頻尿などの病気によるもの)。

  • 3.精神医学的原因

    精神や神経の病は不眠を伴うことが多く、不安や抑うつの症状が強い場合は不眠になりやすいと言われています。

  • 4.薬理学的原因

    服用している薬の副作用やアルコール・カフェイン・ニコチンなどが原因で起こる不眠。

  • 5.生理学的原因

    睡眠を妨げる環境や時差ボケなどが原因の不眠。

このように睡眠の質を低下させる原因は多数ありますが、自分はどのタイプなのか最近の自分の行動を振り返ってみると分かるのではないでしょうか。

 

睡眠障害の解決方法とは?

 

眠れない・起きれない・寝た気がしないという症状は、毎日だと本当に辛いですよね!
しかし、睡眠障害はどうすれば解決できるのでしょうか?サプリメントや睡眠薬に頼る前に自分でできる限りのことはしたいですよね。
新日本製薬5

そこで、睡眠障害を解決するための方法を紹介致します♪
  • 就寝・起床時間を一定にする
  • 睡眠時間にこだわり過ぎない
  • 太陽の光を浴びる
  • 適度な運動をする
  • ストレスを上手に解消する
  • 寝酒は避ける
  • 寝る前にリラックスタイムを作る

この7つ以外にも、枕や掛け布団などの寝具選ぶ際は自分の体に合っているものを選ぶなどもあげられます。
また、血流を改善させると体温が上がり寝付きが良くなると言われていますので、深く深呼吸をしながら寝る前に軽いストレッチをするのも効果的でしょう。

 

付け足しとしてスリープケアを!

 

上記にあげた睡眠障害の解決法を試してもなかなか効果を実感できない方や、生活している環境によって解決するための方法を実行できない方もいますよね。

そんな時におすすめなのがスリープケアを含む睡眠の質を向上させるサプリメントです♪

スリープケアは一日たったの2粒で睡眠の質を向上させ、なかなか寝付けない・途中で目が覚める・起床時の疲労感の軽減などの効果を期待できる商品です!
新日本製薬5
スリープケアには「機能性関与成分」であるL-テアニンを2粒に200mg配合し、リラックス効果のあるハーブ系の植物も4種類配合しています。
「機能性表示食品」でもあるスリープケアは、持ち運びにも便利なアルミパウチ入りで一日当たり98円ととても経済的です。
そして、より睡眠の質を向上させるためにカフェインを含まない温かい飲み物と一緒に飲むことをおすすめ致します♪
寝る前に2粒飲むだけで翌朝が変わることを期待できるので、朝からスッキリした気分で一日を過ごすことができそうですよね!

しかし、スリープケアは最低でも6日以上は継続摂取しないと効果を実感できない可能性がありますので、できる限り使用し続けるようにしましょう。

スリープケアを使用して日中の眠気やだるさの心配がない生活を目指してくださいね。

 

まとめ

新日本製薬5
眠れない・起きれない・寝た気がしないなどの原因は多数あるのですが、現在の自分の生活を振り返ってみると何が原因かハッキリ分かるのではないでしょうか。
睡眠は毎日のことですからできるだけ早く悩みから解放されたいと思いますよね。
しかし、以前から睡眠の悩みは抱えていたけれど睡眠薬には頼りたくない!と思い、いい解決策が見つからないままでいた方も多いはずです。
どんな解決策がいいのか分からない、と思う方はとりあえずライフスタイルの改善から試してみましょう!
それでも睡眠障害が改善されない場合は付け足しとしてぜひ一度スリープケアをお試しください。
また、睡眠時間は個人差があり長時間睡眠型の人と短時間睡眠型の人がいると言われていますので、あまり睡眠時間に対しては神経質になり過ぎない方がいいかもしれませんね。
例え睡眠時間が平均より短い人でも、日常の生活に支障がなければ十分な睡眠時間を得ていると考えられるので、まずは自分の体の調子と向き合ってみましょう!